MENU

おまとめローンで気をつけることとは

今、どれくらいローンを抱えていますか。

 

多くの人は、住宅ローンや自動車ローンを抱えているでしょう。
子供がいる人であれば、教育ローンを抱えていることもあるかもしれません。

 

このように、どうしてもローンをいくつも抱えなくてはならない状況になっている人は多いです。

 

ただ、ローンがいくつもあるといつどのローンの返済をするのかで混乱することもあるでしょう。
少しでも返済を楽にするためには、ローンの一本化も必要かもしれません。

 

今では、おまとめローンが利用できる金融機関などが多くなりました。

 

何本もローンを組んでいる人なら、ぜひ利用したいと思うのではないでしょうか。
確かに、ローンをまとめたことで、かなり返済が楽になったと言う人はたくさんいます。

 

しかし、必ずしも返済が楽になるとは限りません。おまとめローンにも審査があります。

 

審査の結果で今利用しているそれぞれのローンの金利よりも高くなることもあるからです。
返済総額が高くなることも考えられます。

 

少しでも返済を楽にしたいと思っていても、審査結果で金利が高くなることがわかったら、
ほかの金融機関などに問い合わせたほうが良いでしょう。

 

多くの金融機関などで利用できるからです。他社で申し込んでみたら、今の返済総額よりも少なくなると言うことも十分に考えられます。審査基準が会社によってかなり違うからです。

 

安易に飛びつくのではなく、慎重に計算をしてより楽な返済になるように気をつけて利用してください。

おまとめローンのメリットや審査の基準など

金融機関がそのサービスを提供しているおまとめローンは、どんな場合に利用すると良いでしょうか。

 

例えば複数の金融会社とローンを組んでいたり、お金を借り入れしている場合に利用する人が多いです。
複数の金融会社とローンを組んでいると、毎月、それぞれの返済をしなければいけません。

 

それぞれの振り込み手数料などもかかります。

 

おまとめローンは文字通りローンや借り入れを一本化するものですから、これを利用すれば上記のようなことはなくなります。
また、利息が安くなって、支払わなければいけないお金の総額が減少することが多いです。

 

一方、注意することもあって、例えば利用しているローンの利息よりも、利息が高くなることもあります。

 

返済する期間が短くなり、それによって月々の負担が増加することもあります。逆に返済する期間が長くなった結果、月々の負担が減少したものの、支払わなければいけないお金の総額が増加することもあるでしょう。

 

最後におまとめローンの審査について説明します。キャッシングと同じように審査があります。その基準は厳しめです。

 

借り入れしている件数が多過ぎたり、過去に滞納・遅延があったりする人は、審査に落ちることがあります。
また、銀行系は審査がより厳しいです。細かいところまでチェックされます。

 

ですが、銀行は金利がより安めという魅力があります。

 

そのメリットや審査の基準などが書かれたサイトもありますから、参考にしてください。